FC2ブログ









キエフへの旅 Part.07 Dirge for the planet 3

2017090801.jpg

「もうひとつのチェルノブイリをご覧になって頂きましょう。」
 セルゲイさんが連れて行ってくれたのは、秘密のチェルノブイリ。
 氏曰く、チェルノブイリ2というエリアだそうです。

 地面をちょっと確認してください。
 このエリアの道路はアスファルトではなく、コンクリートの板で出来ています。
 理由は、ここが軍事車両の通り道だからです。

 セルゲイさんが言う所のチェルノブイリ2エリア。
 原発事故とはまったく関係なく地図からも消されており(地図には子供向けキャンプ場と書かれていたとか)、コンクリートの道の周囲には人工的に森が作られ中が見られないようになっています。

2017090802.jpg

 その理由はこれ。
 なんと巨大な建物なのだろう。
 驚いているとセルゲイさんから問題を出されました。
 
「タケイさん、これじゃ何に使われていたと施設だと思います?」
「・・・・・・西側諸国の通信を傍受するレーダー?」
「惜しいです!」

 正解は、西側(アメリカ)の核ミサイルを監視するレーダーだそうです。

2017090803.jpg

 こちらがレーダー近くにある操作室。
 部屋いっぱいに積み込まれたHDDは、全部で500MB位あったそうです。
 今なら1万円も出せば片手に収まる3TBのHDDが手に入りますが、40年以上前で500MBは高性能ですね。
 個人向けのHDDは、25年前の時点でまだ40MBとかいうレベル(HDD無のPCが主流でした)ですから。

2017090804.jpg

 こちらがレーダーの操作室。(研修室との説有り?)
 レーダーは成層圏まで達し、アメリカのミサイル発射実験を探知していたそうです。
 最高機密の施設の為、職員が外に出なくても良いように自活できる畑もありました。

2017090805.jpg

 レーダーの真下からパシャリ。
 150mって、相当の高さですよ。

「せっかくですから上ります?」

 いやいやいや、全力で否定しました。
 ハシゴだけで数十メートル登って行くのは大変ですよ。
 いつハシゴが錆びて落ちるかわからないですし。

「やんちゃな若者が勝手に侵入して勝手に上って、ラクガキするんです。捕まっても罰金刑だからみんな反省しない。」

 どこの国のやんちゃ世代もおなじようなものなんですね。

スポンサーサイト



[ 2017/09/08 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1315-c81f6b51