FC2ブログ









キエフへの旅 Part.10 Dirge for the planet 6

2017091101.jpg

 チェルノブイリツアーもいよいよ最終回。
 最後は原発関係者が住んでいたピリピャチ訪問です。
 ゲーム「STALKER」でもお馴染みの、完全なゴーストタウンです。

 未来のエネルギーを生み出す原子力発電所のある街は、わずか16年ほどで消えてしまいました。

2017091102.jpg

 ゲームのSTALKERでは廃墟の間の大きな道を走り抜けて敵を倒しました。

 ゲームスタッフが取材をしてから10年以上経つからか、それともそもそもフィクションだったからか。 
 実際のプリピャチの道路はどこも狭く、木々が生い茂っています。

2017091103.jpg

 市民の体育館。
 プールは飛び込み台が完備され、日本ではなかなか考えられない程充実しています。

2017091104.jpg

 体育館も広いですね。

2017091105.jpg

 中にはギョッとするものも発見。
 一面に散乱しているガスマスクが。

 ・・・・・・いったいここで何があったのだろう?

「ガスマスクを盗んだ不届き者がお金になるフィルターの部分だけ取り除いて、残りを全部捨てたようです。」

 そうなのか。
 ガイドさんがいなかったら、ホラー的な何かを感じてしまう所でした。

2017091106.jpg

 学校では共産党のプロバガンダのポスターが貼られています。(過去系なので貼られていま・・・した。)
 書かれているのは、英雄リヒャルト・ゾルゲについての記事。
 
 ゾルゲ事件のリヒャルト・ゾルゲかッ!

 日本では憎い敵ですが、本国ソビエト連邦では英雄扱いなんですね。
 ウクライナ(元ソ連)は、戦争中は日本にとっての戦勝国、戦後も日本にとっては敵対する東側諸国でしたっけ。

2017091107.jpg

 STALKERでもお馴染み、一度も動かなかったという観覧車。
 メーデー(5月1日)を控えての原発事故(1986年4月26日)だったので、おそらくはその頃に合わせて運営を開始する予定だったのかも?

「試験動作はしたとか、まったく動かしてないとか、色々な説があります。」
 とは、セルゲイさんのコメント。 

2017091108.jpg

 クルクル回るアレ。

2017091109.jpg

 ゴーカートも、乗り手がおらずに可哀想です。

2017091110.jpg

 病院には、放射性物質が生の状態で展示されています。
 中身は消防士が実際に消火時に使用した作業服だそうです。

 放射能の数値は35mSV/h前後をマーク。
 4号炉前で計測した数値のおよそ50倍以上。

「徐々に放射能が減少しています。昔はもっと数値が高かったようです。」

 ガイガーカウンターがピーピー鳴ってる中に言われても安心はしませんよ。

2017091111.jpg

 原発の火災時に使用された作業服は、プリピャチ病院の地下室に放り込まれました。
 現在は大量の砂で埋められています。

「セルゲイさん、やはり放射線が強すぎて砂を・・・・・・?」
「いいえ、以前に観光客がこの地下室に落ちたので、危なくて砂で埋めました」

 ・・・・・・そうですか。

2017091112.jpg


2017091113.jpg

 住民はよほど緊急に非難をしたのか、病院は新聞やカルテが散乱。
 歯科病院も作業を放り出して避難をしたようです。

2017091114.jpg

 キエフへ通じる川の港にて。
 水の自販機が残っています。

 コップは共用、右のくぼみに逆さに入れて洗浄してから使用していたそうです。
 効率的ではあるけれど、資本主義の国に生まれた人間としてはなんともかんとも。

2017091115.jpg

 港あたりの地面の放射線は、56.30mSV/h前後。
 今回のプリピャチ訪問では最高値です。

 もっともここは放射線物質が貯まる落ち葉ですし実際歩く事も無いので、そこで昼寝でもしない限りは害はありません。

 ちなみに、今回の訪問でガイガーカウンターの数値が高かったのは赤い森(Red Forest)でした。
 チェルノブイリ原発が爆発した際に吹き飛んだ放射性物質が拡散した森で、松の木が枯れて真っ赤になってしまい、もはやどうにもならなくなったために、枯れた木もそのまま埋められてしまっています。
 お時間がある方はちょっとグーグルマップでプリピャチを調べてみてください。
 原発周辺に、明らかに異常なエリアが見られると思います。

 そしてこの赤い森のエリア。
 車で通過するだけなのに、車内のガイガーカウンターは70~80mSV/hを記録。
 こればかりはなんか生きた心地がしませんでした。



 それにしても。
 原発のタイプが違うとはいえ、なんで日本はチェルノブイリに学ばなかったのだろう。
 避難手順も、社会保障も、健康医学も、得られる点は沢山あったはずなのに、隠蔽しちゃうところだけ真似しちゃったんだよなあ。

スポンサーサイト



[ 2017/09/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

廃墟だ~><

更新おつかれさまです。廃墟はたとえお昼でもなんとなく怖いねぇ。
前の記事のわんこは和んだw
森の数値も怖いけど、ドーム内の作業時間が2,3分しかないってのはやばすぎですな。
原発は良い悪いはさておき、本来は人間の手に負えない技術なんやなと感じますわ……><
[ 2017/09/11 12:36 ] [ 編集 ]

>フェレ姉様
おそらく福島でもそうなのだろうけど、放射線量があまりにも高いと、もうロボットも動作しないみたいなんだよね。
結局、人間が直接作業をするしか無いという。
原発事故の多くが人為的ミスで、政治的な事情も多いっていうのがなんとも口惜しいね。
[ 2017/09/11 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1318-2e3a40f1