FC2ブログ









Readme

 世の中、なんとか使っているつもりでも実際は間違えている事が多々あります。
 説明を読めば解決するのに、フィーリングで使っていると痛い目に合うわけですが。

「最近の若くないオジサンオバサンはホントに読まないんだから。」

 とバカにしていた私も、同じ案件が発生しておりました。

 ガソリンスタンドで給油する度に、無料で使えるスタンドの機械で原付のタイヤにエアーを入れていたのに、なんかいつもパンクしているようなしていないような。
「そろそろ原付を買い換えようかな?」
 そんな感じで先日ガソリンスタンドへ行った時、ふとしたきっかけで判明したのです。

 タイヤ用エアー使用方法
・タイヤにノズルをさす
・しばらくするとピッピと音が鳴る
・さらにそのままにするとピーと言う終了音が出てエアー注入完了

 
 私はこの二段階目「ピッピと音が鳴る」で、エアー注入が終わっているとばかり勘違いしていました。
 機械に説明書きが書いてあるのに、4年位読まずに使い続けている計算となります。

 案の定、説明書通りに使用すると、原付の乗り心地が劇的に改善。
 適正量の空気圧を保っているタイヤは地面との設置間隔も良く、走行中の安定度は抜群です。
 おそらく燃費も向上しているはず。

「あと3年位は乗り続けられそう。」
 
 みなさん、説明書はキチンと読みましょうね。

スポンサーサイト



[ 2017/09/24 18:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1340-9953f50d