FC2ブログ









あちらの気持ち

「カラスが増えてしまった!」
「ハシブトカラスは大きくて恐ろしい!」
「鷹匠に頼んでカラス対策をしてもらおう!」

 っていう、夕方のニュース番組で放送される特集を観るたびに、カラス好きには残念に思います。
 カラスが大きい大きいって、カラスから見たら自分の何十倍も大きい人間の方が怖いに決まってるでしょう。
 飛ぶ必要があるから骨は頑丈にできていないし、まともに体当たりしたら怪我をするのはカラスの方。
「どう猛に人間を襲うのです!」
 良く観察すると、カラス側からはぶつからないようにしているのになあ。

「カラスを殺すのはしのびないので、鷹匠にカラスを追い払ってもらいました!」

 鷹を怖がって巣を放棄すると中にいるヒナも育児放棄されるので、結局殺すことになります。

 そもそもカラスが増えるのは、そこに住んでいる人がキチンと対策をしないからです。
 彼らが食べられる場所に毎週定期的に同じ場所にゴミ(エサ)を置けば、そりゃあ元々山や森に済むカラスだって町に来ますよ。
 蓋つきフェンスで区切られたゴミ捨て場、それが無理ならゴミバケツ、それでも無理なら重り付のゴミ用ネット。
 カラスはあまり集団で生活する動物ではないので、みんなで協力してネットを外すという事は出来ないはずです。
 
 先日、私が利用しているゴミ収集エリアでカラスに遭遇しましたが、ネットを外せずにどこか行ってしまいました。
 ハシブトカラスは特に地上での移動が苦手なので、長時間地上にいるのを嫌う性質が関係しているのだと思います。

 調べてみると割合と愛嬌のある動物で、少なくとも人間が必要以上に怖がる相手ではないんですよ。
 

スポンサーサイト



[ 2018/03/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1510-001e32ba