FC2ブログ









支店4コマ29話 オーディオコメンタリー

2018040501.jpg

 支店4コマ、29話のオーディオコメンタリーです。
 今回の主役は新キャラのジョシュア・ラインロック。
 うちの子の中で一番イケメンだと思われるキャラクターです。
  
 そんな彼ですが、一族はかつて玲真のご先祖様にお世話になった事もあり、玲真に対し常日頃から敬意を表しています。

 ジョシュアの民族は元々別の民族から迫害を受けていて、自分達の故郷を持っていませんでした。
 そこで太陽の子である兄のガナートウェルと弟のルフィドウェルが相談し、兄が管轄をしているガナートニアに土地を作り、安息の血を用意。民族はそこに落ち着く事が出来ました。
 その中でもジョシュアの家系は民族が平和に暮らせるように法律を作成したり管理する立場となり、『ラインロック(線引き)』という苗字を持つに至ります。
(苗字が特徴的な為、この家族は名前を一般的なものにしてあります)

 10歳のケイティやミスティが大人並にナイスバディなのは、おそらく過去に一族が捕囚生活をしていた頃に体が丈夫で成長の早い個体が生き残ったからでしょう。また5歳6歳で生殖能力が身につく種族において14歳で出産をしたシンディはやや遅めであり、こちらの世界でも晩婚化が進んでいるのだと思われます。

 我ながら、博物館オタクは妙な所にこだわりますね。

2018040502.jpg

 そこまでの話を図に表すとこんな感じです。
 その後ガナートウェルはルフィドウェルの中で生き続け(吸収?)、ルフィドウェルが現在の太陽神となっています。

 イラストの日付を見ると、ルフィドウェルが描かれたのは1996年。
 2018年になってこの設定を表にするとは、思いもよらぬ事で。

 中学生の頃の私は、
「主人公が強すぎて小説を書いていてつまらなくなった」
 と思い、他の要因もあってぶん投げてしまっております。
 
 なにせ、
「ルフィドウェルの力を継承した玲真は世界を平和にし、平和になった後は奥さんの願いだった喫茶店をオープン。
 ご先祖様の作ったこの地上世界『ルフィドニア』の名前を店名にしましたとさ。
 めでたしめでたし!」

 でおしまいですからね。

 タイムマシンがあったら過去の私の所へ行き、
「もっとその先もちゃんと考えろ!」
 と怒ってやりたい所です。



 余談ですが、ルフィドウェルの子孫(≒力の継承)は血ではなく魂で継承されるものなので、菜々美や結菜は太陽の力を持ってません。
 元々玲真と妹たちは血のつながらない兄妹(90年代の美少女ゲームのド定番設定)と言う所からスタートしたのと、
「男たちの熱き戦いに女は不要!」
 みたいなヘンに硬派なノリだったので、いびつな家系図となっています。

スポンサーサイト



[ 2018/04/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

ルフィドウェルの絵がゆるかわwと思ったら昔描かれた絵なのね。
中学生の頃の想像が大人になって形になってて素敵よなぁ。

しかも後日談の方がメインコンテンツになってるってのが面白い。
喫茶ルフィドニアの皆さん、世界観もキャラもホント好きなので、今までの4コマ全部まとめた本が欲しいです……!!(*゚ー゚)v
[ 2018/04/06 00:49 ] [ 編集 ]

今思うと御恩しかない

>フェレ姉さん
ルフィドウェルを始め、伝説の聖騎士のデザインは全部女子高生の同人作家さんに描いてもらいました。
今思うと、学業も大変だったのによく描いて頂いたなあと申し訳なさでいっぱいだねえ。
現在は連絡が取れないので御恩も返せず。

4コマ本は、確かにいつか作ってみたいね。
定期的に連載しているので、どこで線引きして本にすればいいかタイミングがわからない状態ではある。
[ 2018/04/06 20:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1527-8701cdb1