FC2ブログ









Theたたき上げ -三国一の臆病者-

2018042401.jpg
センゴク(宮下英樹)

 歴史漫画としては、久しぶりの逸品(≒名作)に出会う事が出来ました。
 宮下英樹先生の『センゴク』です。

 主人公は仙石秀久。
 相当の歴史好きじゃないとおそらくはピンとこない名前だと思います。

 私の場合も、 
「歴史資料館などで名前は聞くけど、どんな人物かは知らなかった」
 ランキングでトップクラスの人物です。

 仙石秀久は豊臣秀吉の出世前から仕えている古参の家来でした。
 信長から、「キミ、ガタイが良いねえ」と褒められて褒美を貰ったそうですから、前線で活躍するタイプの武将だったのでしょう。
 地位は低いながら昔から多くの戦場で活躍している為、私が資料館でよく名前を見るのも尤もな話でした。 

 戦場から敵地の偵察まで色々な仕事をこなし、千石、五千石、讃岐国(今の香川県)の大名と、出世を続けます。
 ところが九州侵攻の際、島津家と無用な戦闘(秀吉に禁じられていた)を行い敗北、逃亡した罪で改易(大名をクビ)に。
「三国一の臆病者」という酷評はこの時に受けており、ほどなく高野山へ追放になりました。
  
 ところがその後行われた小田原征伐にて、残った仲間をかき集めて徳川家康に、
「なんとか名誉挽回したいんで、徳川家の陣に参加させてください」
 と陣借りを依頼。
 戦場では活躍し、秀吉に許されて小諸を治める大名にカムバック。
 秀吉死後は陣借りの音もあって徳川家と親密になり、関ヶ原で秀忠を支援した功績で信濃小諸藩の初代藩主となりました。

 武将 → 大名 → 浪人 → 武将 → 大名(藩主)
 
 と、生涯で凄まじい身分の入れ替わりがありましたが、秀吉に改易された武将でまた元と同じような身分に戻れた人物はそうそういません。
 よほどの信頼と活躍があったのでしょう。
 仙石家はその後明治時代まで残り、子孫は貴族院制度が廃止されるまで代々議員を続けていたようです。
(戦後の事が書かれていないのはお家が絶えたというよりも、貴族制度が廃止されて記録に残らなかったからなのでは無いかなと思います)

 とまあ、今回は仙石秀久の生涯について解説してしまいましたが、宮下英樹先生がこの人物を題材にされたのは、目の付け所が非常に良いと思います。
 
・センゴク(全15巻)
・センゴク 天正記(全15巻)
・センゴク 一統記(全15巻)
・センゴク権兵衛(連載中の最終章 現在10巻まで刊行)


 と、かなりシリーズが出ており、読みごたえも抜群。
 作品中にも作者の持つ歴史考証が披露され、多くの資料によってこの物語が出来ている事がわかります。

 また歴史作品にありがちな、
「主人公側を良く描くために、敵側を必要以上に愚かに描く」
 事も無く、どの武将も、とりわけ旧勢力の人物がカッコ良く描かれています。
 戦国時代の作品だと、どうしても信長や秀吉が主人公になり、敵対する旧勢力は「古い考えの人々」として描かれる事が多いのです。
 それを「彼らには彼らなりの正義と美意識がある」と言う姿勢で表現されるこの作品は、おそらく負けた側の遺族が読まれても納得できる分が多いのではないでしょうか。

 作品としてのボリューム(55巻以上&現在連載中)もあるので、NHKには是非とも大河ドラマの候補にしてほしいですね。

 

スポンサーサイト



[ 2018/04/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1534-24ef89b1