FC2ブログ









投失2回

2018040701.jpg

 秋葉原、ヨドバシカメラのビルの最上階にバッティングセンター『アクティブAKIBAバッティングセンター』があります。
 日頃は混んでいるので、春休みが過ぎお子様がいなくなってから遊びに行ってきました。

 オープンしてから今年で5年、なんだかんだで初めての訪問ですね。
 オープン当初訪問した際に行列が凄かったので諦めたのでした。

 料金は3ゲーム(60球)で1030円で、バッティングセンターの相場としてはやや高め。
 秋葉原の駅前にあり、ピッチャーの動画に合わせて球が飛んでくる仕様である事を考えると、値段相応ではあります。
(選手はヤクルトや楽天、巨人、阪神、広島など様々で、TV番組『リアル野球版』のように外の人が球種が選べるマシンもあります)

2018040702.jpg

 ところがそう簡単にプレイさせないのが魔都秋葉原。

 まず第一のエラーが、プリペイドカードの自販機。
 お金を入れたらエラーで止まってしまいました。
 このエリアは無人なので、階段で下の階に降りて受付に報告。
 手動でカードとお釣りをくれるなんて、心温まる人的サービスではありませんか。

 次の障害は沢山機械がある中で、半分がエラー&故障中。
 お客さんが5人くらいしかいないのに、列に並んで待たないといけないとは。 
 
 しばらく見ていたらエラー中のマシンが急に動き出して投球を始めました。
 無人の打席に延々と速球を投げるヤクルトスワローズの小川泰弘選手。

 なにこれこわい。

2018040703.jpg

 そうしてようやく肩を暖めた(直った)小川投手。
 私も打席に立って、1ゲーム分をプレイボール。
 90km/hのストレートを放ってもらいます。

 最初はスカスカ、まったく当たらず。
 10球目を過ぎたあたりからファールが続き、最後の方はセンター前ヒット位にスカーンと飛んでいきました。

 やばい、面白い、野球好きの血が騒ぐ!

 引き続き、2ゲーム目に突入。
 今度はちょっと高めに投げてもらいましょうか。

 しかし小川投手は肩を痛めたのか、2ゲーム目は1球投げたところでベンチに引っ込んでしまいました。

『E02』

 バッティングセンターでエラー終了なんて初めて見ました。
 また階段を下りて受付に行くと、さして驚かれる事も謝罪をされる事も無く、1プレイできるカードを1枚くれました。
 よほどエラーに慣れているのでしょうか。

 最近のバッティングセンターはカーブとスライダーが投げられるとか、ストレートなら80km/h-170km/hまで調整できるとか色々複雑なリクエストが出来るようになった分、私の子供の頃に遊んでいた単純なピッチングマシンに比べて故障しやすくなったのかもしれませんね。

スポンサーサイト



[ 2018/04/07 08:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1540-5710b3d5