FC2ブログ










ゾンビが出た日常生活

2018052201.jpg
Z -ゼット- 3巻 (相原コージ)

 すっかり買い忘れていたゾンビ漫画『Z(ゼット)』の3巻を購入しました。
 2巻までは読んでいたのに、気が付いたら買い忘れていたようです。
 アマゾンのウィッシュリストを久しぶりに確認したら未購入だった事に気が付きました。
 あのリスト、たまに確認しないといけませんな。

『Z』はゾンビが発生した日本で起こった様々な出来事を、1話読みきりで描かれている作品です。
 その他に3人の女子学生がメインの主人公となり、サブの物語と絡んで話が進んでいきます。

 前にも紹介したかもしれませんが、このサブとなるエピソードがいかにも日本的なリアリティがあって良いんですよね。
『ウォーキング・デッド』等では登場しない、いかにも日本的な。

 例えば前の巻のあるエピソードでは、上半身裸の女性のゾンビを思春期まっただ中の少年が見に行きます。
 噛まれたら観戦するのは少年たちだってわかっているんです。
 でも思春期ならおっぱいは見たいでしょう?
 私が小中学生の頃に、おっぱい丸出しの女性のゾンビがいたら、そりゃあ命を懸けて見に行きますし、隙あらば触りますよ!
 
 他にも大人の読者向け雑誌の連載なので、ゾンビを出したAV制作なんていうエピソードもあります。
 ただどちらもセクシーとかではなく、コメディ要素満載です。
 相原先生はもともとギャグ漫画に定評のある作家さんなので、セクシーなネタの中にも独特の面白さを感じます。
 
 ただ、3巻のあとがきで知ったのですが、この作品は3巻で打ち切りとなっていました。
 作品がつまらなかったわけではなく、連載誌が廃刊になってしまったからとの事。

 先生が淡々と最終巻について書かれた後書きに、なんともいえない残念さを覚えました。

スポンサーサイト
[ 2018/05/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1576-5f2891b2