FC2ブログ










城と狸をめぐる冒険 Part.3 道元禅師の偉大さを知りつつ蕎麦を手繰って

2018060301.jpg

 丸岡城からバスで永平寺へ向かいました。
 一度福井駅に戻って・・・・・・という面倒なことをせずに、お城からお寺まで直通で行けるバスを偶然発見しまして。
 今回はそんな幸運に恵まれた旅となっています。
 天気も、予報では1日目曇、2日目曇りのち雨だったのが、どちらもほとんどド晴天でしたし。

2018060302.jpg

 曹洞宗の修行僧が集まる永平寺。
 仏教の数ある宗派の中でも日々の生活を大事にする曹洞宗のお寺らしく、境内で見かける僧侶の方々の丁寧さに感銘。
 入り口で全体図や拝観時の注意を案内される方も非常に物腰柔らかく、しっかりと説明をされておられ、
「これ、拝観料500円で本当に良いの?」
 などと思ってしまいます。

2018060303.jpg

「撮影は可能ですが、中の僧侶が映らないようにしてください」
 というのも、撮影禁止が多いお寺業界(業界?)としては非常にありがたいルールです。
 寺社は建物も中の装飾も素晴らしいものが多いのですが、撮影禁止の場所も結構ありますので。

2018060304.jpg

 こういう天井も、京都のお寺ならば普通は撮影禁止です。
 いや本当に素晴らしい。

2018060305.jpg

 永平寺は修行のためのお寺ですので、こうやって境内を歩いていても色々なところで昼のおつとめなどが行われ、沢山の僧侶を見かけます。
 一般的には修行のお寺と観光のお寺は分かれていて、修行寺に入れる機会は少ないので、貴重な経験でした。

2018060306.jpg

 お寺を後にした後は、福井駅行のバスを待ちながら昼食。
 福井名物ソースかつ丼と、越前おろし蕎麦、永平寺名物ごま豆腐のセットを堪能。

 ソースかつ丼、思わぬうまさでした。

スポンサーサイト
[ 2018/06/03 11:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1588-1d9ec3c1