FC2ブログ










波三昧

2018061001.jpg

 両国方面で働いている親戚に招待券をもらったので、両国にあるすみだ北斎美術館へ行って参りました。
 場所は両国駅から徒歩10分。
 うまく調整すれば、江戸東京博物館とハシゴができる場所にあります。

 相撲の駅(?)らしく、両国駅構内では力士の方がおられ、鬢付油の良い匂いが漂ってました。

2018061002.jpg

 今回は北斎とその弟子達の『水』に関係のある作品の特別展が開催されていました。
『水』といっても様々で『波』とか『川』とか『滝』などを扱う作品ですね。
 葛飾北斎は一般的な作品の他、描写用例集、いわゆる『絵の描き方』みたいな本も描いていて、本当に手広く活動をしていたようです。
 我々に認知されているのは浮世絵とか、物語の挿絵などあたりでしょうか。

 どれも確かに素晴らしく、高い技術力なのは重々承知しておりますが。
 何分、多くの資料がハガキとか、冊子の1ページが多かったりしたので、贔屓目に見ても展示品が相当地味でした。
 これはお金持ちが自分用に描かせる西洋画と、手軽に庶民に広める浮世絵などを比べるのが間違いではありますが、額に入ったハガキ大の絵や、見下ろす冊子の挿絵が続くのは、やや地味かなあと。

 むしろ北斎の生涯を追って作品を展示している常設展の方が魅力的でした。
 こちらはモニターや模型を使ってわかりやすく解説されていましたし。
 
 あとのネックは入場料でしょうかね。
 普通の博物館1部屋分の展示品で、入場料400円はかなり高価かもしれません。

スポンサーサイト
[ 2018/06/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1593-ee2350fe