FC2ブログ









弘前と仙台と現存天守ファイナルと その5 内府様の文字が小さすぎて読めない! でも・・・・・・

2018091101.jpg

 9月8日、朝。
 この日は雨の降る仙台の街を進みます。
 3年前は大雪で『瑞鳳殿』へ行けなかったので、今日はリベンジとなります。
 今回も3年前も、東北はイマイチ私の晴れ男アビリティの効果が薄いですね。

 それにしても仙台の街を歩いていると、伊達政宗をモチーフにしたものが多いですなあ。
 上のニュース番組のロゴも、後ろの部分は政宗の兜でしょう。

2018091102.jpg

 学習塾の広告も政宗です。

2018091103.jpg

 そして、今回の目的地のひとつ『瑞鳳殿』は、その伊達政宗の菩提寺です。
 1980年代に伊達政宗、忠宗、綱宗の3代にわたり墓の修繕が行われ、一部の資料が展示されていました。
 撮影禁止なのでこちらでは紹介できませんが、なんと伊達政宗の遺髪や骨の実物まで!
 DNA鑑定の結果、伊達政宗はB型だそうです。

2018091104.jpg

 瑞鳳殿、伊達政宗が眠る土地です。
 中には木像も安置されているそうですね。

 ただこの伊達家歴代の埋葬品の中に、たしか2代目綱宗の遺品でしたかで、眼鏡がありましてね。
 大河ドラマの『独眼竜政宗』で、伊達政宗を渡辺謙さんが演じられましたでしょう?

 そうなると、もう私の脳内で伊達政宗の格好をした渡辺謙さんが、勝手にハズキルーペのCMを始めるんですよ。
「幕府からの文章の文字が小さすぎで読めなァいッ!」
「でも、ハズキルーペなら・・・・・・」

 ああ、菊川怜さんはいつもの格好でハートマーク作ってますよ。

 ここにいる間、謙さんに何度も脳内で叫ばれていて大変困りました。

2018091105.jpg

 ちなみこの瑞鳳殿。
 ものすごーく急な階段と坂道が続く、大変なところでした。

 この写真だと非常に急角度の階段が見えますでしょう?
 その下はさらに同じ急勾配の坂道なんです。

 これだけ急な階段が神田明神にあったら、今頃きっとμ'sはトレーニング挫折していたでしょうね。

スポンサーサイト



[ 2018/09/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1679-c062077e