FC2ブログ










動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

2018101101.jpg
動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー
(片野 ゆか)

 動物の秋、ではありませんが、動物の本を1冊。
 今回は『動物翻訳家 心の声をキャッチする飼育員のリアルストーリー』を読了しました。
 作者は片野ゆかさん。
 以前読んだ『ゼロ! 熊本市動物愛護センター10年の闘い』が面白かったので、今回も同じ作家名で著作を探してみました。

 今回の舞台は日本中の動物園。
 日本全国にある動物園のスタッフさんが、様々な動物の幸せのために頑張るという作品です。

 一昔とは違い、最近の動物園はいかに動物が楽しく過ごせる造りを目指しています。
 ですが犬猫ならともかく、珍しい動物が野性ではどんな生き方をしているかなんて、動物園の飼育員だってわかりません。
 そこで様々な工夫をして乗り切るわけです。
 
 こちらで登場する動物は、ペンギン、チンパンジー、ハゲコウ、キリンなど。
 キリンは京都市動物園のキヨミズ君(2017年死亡)が登場しています。
 多分、実際に見た事あるんじゃないかなあ、このキリン。
 京都市動物園の現在のキリン舎はどのように作られたか、どのように引っ越し作業ができたかもわかり、大変面白かったです。

 動物好きにはもちろん、「ペンギンは氷の上に住んでいるんだよね」という方には特にオススメしたい一冊です。




スポンサーサイト
[ 2018/10/11 10:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1701-89db7f82