FC2ブログ










情報値千金

 フリージャーナリストの安田純平さんが無事に帰国されました。
 武装勢力から3年4か月ぶりに解放されたそうです。

 私が総理大臣だったら安田さんが回復され次第、色々な話を聞かせてほしいものです。

 ああいう激戦地は大手の報道局がなかなか行かない場所です。
 となると現地の情報はそこの有力者。
 例えば独裁国家やISISなどの武装勢力などが発信するものとなります。
 どれも民主化されていない組織ですから、当然都合の良い情報だけが流されます。

 当然ながら、独裁国家や武装勢力の圧政の中で名も知られず命を落とす人がいます。
 そういう人達にとっての願いが、
「自分たちがこうやって生きていることを知ってほしい」
 というものなのです。

 仮に私が南極とかサハラ砂漠とかでひっそり死ぬ事が確定していたら、誰にも知られずに死んでいく事を悲しむでしょう。
 長い間の拘束生活や現地でのお話は、しっかり文章にしてくれたら必ず日本にとっての貴重な資料になるはず。

 自己責任・・・・・・元々『責任』という言葉は自身に発生するものなのでこの言葉は嫌いですが・・・・・・、それは3年以上辛い目に遭ったことで、もう清算されたでしょう。
 勇気ある帰還として、優しくお出迎えしてもバチは当たらないと思うのです。



スポンサーサイト
[ 2018/10/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1728-2fdcf739