FC2ブログ










健全化なのか

 秋葉原から年齢制限が必要なメディア。
 ・・・・・・簡単に言えば、ワーオッ!なお店が次々を姿を消しています。

 先日も長年経営していたAVショップが閉店しました。

 PCソフトのショップは全滅。
 その他のワーオッ!なお店も軒並み閉店が続いています。
 アニメや漫画を扱うお店もすっかり閉店してしまいました。

 理由は、秋葉原エリアのテナント料が値上がりしているのと、売り上げの減少でしょうか。
 アマゾンやDMMなど、オンラインでコンテンツが溢れている時代、わざわざ秋葉原に来てDVDを買う人はいないのでしょう。
 残っているお店はアイドルやAV女優と生で会えるイベント等を実施しているようです。
 ネットでは味わえない体験をウリにしているようですね。

 これを健全化というと何とも言えないところです。
 そもそもアダルトコンテンツのお店が無くなるというのが健全かどうかというのもわかりませんし。

 現在美少女イラストや写真を看板にしているお店は、ガールズバー形式のお店やセクキャバ、学園系リフレなど。
 本屋やゲームショップ、普通のメイドカフェでは無罪なのではありますが、よそから来た「萌え絵けしからん!」な方々にこれらの区別はできないので、相変わらず我々ゲーマーは肩身の狭い思いをしています。
 
スポンサーサイト
[ 2018/11/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1734-3d49f72d