FC2ブログ










芸術百般

2018110301.jpg

 上野の東京国立博物館の無料券をもらったので、企画展『中国近代絵画の巨匠 斉白石』を観に行きました。
 日中平和友好条約締結40周年記念の特別企画で、通常の入場券で観られる企画展です。
 
2018110302.jpg

 斉白石(せいはくせき 1864年生~1957年没)は、中国の清の時代から中華人民共和国まで生きた中国の芸術家で、中国ではもっとも有名な近代画家として知られているそうです。
 それくらいの知識で行ってみたところ、絵だけではなく書や朱文印(ハンコに綺麗な文字を彫ったもの)など、多彩な作品に驚かされました。
 多くの地を旅し、沢山の芸術品を目にしたそうで、その幅広い芸術センスは中国で高く評価されている理由がわかります。

 と、これくらいしか書けないあたり、私の教養の限界です。
 中国の芸術界をご存知の方は、もっと楽しめる企画展なのでしょう。

 そんな名のある方の描く鴨の目がユーモラスだったので撮影。
 動物は鳥、虫、海老や蟹など、多くのものを題材にしています。 

2018110303.jpg

 かといえば今度は書のコーナー。
 明朝時代の文章が書かれています。
 元の人物をウィキペディアで調べても、日本語版がヒットしない人物でした。

 中国の芸術は奥が深いですね。

2018110304.jpg
長曽祢虎徹

 常設展で一番混んでいるのは、仏像と刀剣のコーナー。
 特に刀剣女子が増えたおかげで、刀剣コーナーが随分賑わうようになりました。
 昔は平日は空いていて撮影し放題だったのですよね。

 600円で観られるものとしてはこれほどのものは珍しいと思うので、今後も刀剣女子には是非とも楽しんでいただきたいです。

2018110305.jpg

 今回は瓦コーナーをちょっとじっくり見てみました。
 鬼瓦コーナーがあって色々見ていたのですが、鬼瓦って飛鳥時代、聖徳太子がいた頃からあるんですね。

 オードリー春日さんの「鬼瓦!」っていうネタ。
 おそらく春日さんが奈良時代とかにタイムスリップしても通じるギャグなんだろうなあ。


スポンサーサイト
[ 2018/11/03 17:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1738-978ed06f