FC2ブログ










AY戦争

 仮に、ダメな方の新聞社を保守的な会社。
 良い方の新聞社を革新的な会社としましょう。

 我が家をはじめ、近所では保守的な新聞をとっている家庭が多くありました。
 配達の人も含め、非常に関係は良好でした。
 会社の方も顧客サービスが良く、別の会社からこちらに移る人もいたくらいです。

 ところが、この新聞の経営権を買収した次の経営者がケチをつけました。

 トイレットペーパー交換のサービスが終了、チケットプレゼントも終了し、不便な会員ポイント制へ移行。 
 ポイントで交換できる商品はあまり魅力を感じず、仮に頼んでもなかなか持ってこない。
 それ以外のサービスを中止し、営業方面に資金を費やすのはやめました。
 新しい経営者に嫌気が差して辞めたスタッフさんもいたようです。

 気が付いたら、結構な数のお客さんがこの新聞の購読をやめ、革新的な情報を提供する新聞社に乗り換えました。
 こちらは顧客サービスもきちんとしており博物館の無料券も良くくれるので、私もいつも助かっています。
 少なくとも、上の世代の方々は保守とか革新とかいう思想よりも、トイレットペーパーやチケットの方を選んだようですね。

 まあでも愛国云々言っているのにお客さんを大事にしない会社なら、見限られてしかるべきでしょう。

スポンサーサイト
[ 2018/11/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1742-d3eb23c4