FC2ブログ










東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編

2018112601.jpg
東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編
(下川裕治)

 色々な国の電車に乗られている、下川裕治さんさんの本をまた購入しました。

『東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編(下川裕治/双葉文庫)』

『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』という、同氏の書籍の続編となります。
 感想は似たようなものになるので、今回まとめて紹介します。

 書籍の内容は、タイトルの通り。
 東南アジアの全鉄道を制覇しよう!という本です。

 これの何がすごいかって、東南アジアを横断しよう!という内容ではないです。
 例えば日本であれば、鹿児島から北海道へ行くのではなく、日本全国の鉄道を全部乗りつぶそう!というのです。
 東海道線や常磐線などの主要路線だけでなく、東武亀戸線みたいな5駅くらいしかないような路線も。
 それをアジアでやろうというわけです。
 スゴい事だと思いませんか?

 あまりにスゴ過ぎて、単行本2冊目が終わってもまだエンディングではありません。
 
・戦争の影響で線路が途切れてる
・国の予算不足で途切れてる
・ちょいちょい運休期間が存在する

 などの理由で、ただ乗ればクリアできる旅ではなくなっているからです。
 運休期間のエリアをバスやタクシーで乗り継ぎ、安ホテルに泊まりながらも苦労して乗り潰していく。
 ものすごい旅だとは思うけれども、 自分だったらやらないだろうなあ。
 
 少しの時間を見つけては、LCCで東南アジアへ行き、ある路線を乗って戻ってきて、すぐ帰国。
 なんて苦行みたいな旅、大ざっぱな私にはとてもできません。

 読む分には面白いので、2冊まとめてオススメです。

スポンサーサイト
[ 2018/11/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1747-56efa6fe