FC2ブログ









25年ひと昔

 アダルトゲームメーカーミンクが、先月11月30日で廃業することになりました。
 25年目を迎え、ミンクはもう時代ではないという判断をされたそうです。

 懐かしい名前だなと思いソフトのラインナップを確認。
 私はPC98時代、ミンク創設初期のフロッピーディスクのゲームをやっていました。
 当時はFD4枚組とか8枚組の時代です。
 なんだか懐かしいですね。
 
 アダルトゲームが売れなくなった理由は色々と語られていて、違法コピーもあればライバルとなるアダルトメディアの発達もあり、一概には言えません。私自身ももうすっかり縁の無くなったジャンルですからね。
(タイトルを眺めて世相を知るのは好きなのですが)
 
 ただ成人向けの有無に限らず、ゲーム業界というのは思った以上に繁盛しておらず、ファミコン、いやもっと前の時代から望まぬ倒産・買収は存在しています。
『くにおくんシリーズ』のテクノスジャパンや、データイースト、『KOFシリーズ』のSNKも倒産しています。
『ボンバーマン』や『高橋名人の冒険島』のハドソンはコナミに買収されてますし、『インベーダー』のタイトーはスクウェア・エニックスに吸収合併。そもそも『ドラゴンクエスト』のエニックスと、『ファイナルファンタジー』のスクウェアが合併するなんて、タイムマシンで子供の頃の私に教えてあげても、きっと信じてくれなかった事でしょう。

 華やかに見えていたゲーム業界(美少女ゲーム業界も)は想像以上に辛い環境だったのだなと、大人になってから改めて知らされた思いです。


スポンサーサイト



[ 2018/12/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1762-da0af6d0