FC2ブログ









C95新刊 開発話 Part.3 掲載店舗に関するお話

2018122101.jpg

 コミケの新刊に関する話をこまごまと、のパート3です。
 今回は新刊『めどい通信』に収録されている店舗数などについて解説いたします。

 本書で紹介している店舗数は全33軒です。
 内訳は、

・仙台メイドカフェ 2軒
・秋葉系リフレ 9軒
・秋葉原のコンセプトカフェ 18軒
・すでに閉店している思いでのカフェ 4軒


2018122102.jpg

 ちょうど目次でも紹介しているので、そのままカットして持ってきました。
 こちらの方がわかりやすいでしょうか?

 以下注意書きです。

 この33軒の中に、オムライスクロスレビューで紹介されている地方のメイドカフェは含みません。
 またリフレとメイドカフェを営業している店舗は、2軒分とカウントしています。
(名前が少し違うというのもあるので)

 制服のイラストについては、前作『MAIDEN SURVEY』に収録されていた店舗のイラスト(10軒分)は再掲載のものとなります。
 その他の店舗(23軒+バージョン違いの1軒)はすべて新規描き下ろしです。
 再掲分はたぬさん、新規分はなゆたろさんが担当してくださっています。
 
 それからなのですが、今回のテーマは『メイドカフェの味方、やめました』です。
 仙台のメイドカフェやリフレ店、閉店したお店に関しては布教や労いの要素を含めてかなり甘めな最低ですが、秋葉原のコンセプトカフェに関しては割と辛口です。
 どれくらい辛口かといいますと、18店舗中サービスレベルが『採点不可(≒話にならないレベル)』が2軒あります。
 ですから、その2軒のファンの方や関係者が読まれると、相当に気分を害される可能性があります。
 くれぐれも取り扱いにはご注意ください。
 
 優しさや忠告、今後のお店の為であっても、該当する店舗の関係者に本書を渡しても、おそらく事態が好転することは無いと思われますので。

スポンサーサイト



[ 2018/12/21 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1766-99862171