FC2ブログ









悪の隣人

2019012901.jpg

『バイオハザード7 グロテスクバージョン』を始めました。
 そして、放置する事になりました。

 ウイルス(ゾンビ)をテーマにしたバイオハザードシリーズで最もナンバーが大きい(バイオハザード2のリメイクが出たので最新作ではありません)、作品を購入。
 同じ価格なら残酷な方がお得かな?と思って買ったのですが。

 まーーー怖い怖い。

 バイオ7は、今までのバイオシリーズと違って、FPS(ファーストパーソン/一人称シューティング)なんですよ。
 今までのバイオはTPS(サードパーソン/三人称シューティング)といって、カメラの中に入っているキャラクターを動かすゲームでした。
 ですから曲がり角の先にいるゾンビをカメラからの情報でわかっていたのです。

 ところが今回は自分の視線の先が視覚のすべてとなるわけですので。
「隣から敵がやってくるのに気付かず進んでいた」
 みたいな事があるわけです。
 鍋を開けたらゴキブリがわーっと出てくるのも、FPSだからこそ気持ち悪さも高まりますし。

 ホラー映画が好きな方は、
「あ、このシーンはあの作品のオマージュだな」
 っていうのがわかるので、好きな人にはオススメしますが。
 
 そしておっかけてくる敵の声を、先月遊んでいたウィッチャー3の主人公ゲラルト役を演じられていた山路和弘さんが担当されているというね。

 今つっかえているところは、
「ザコ敵が沢山出てくるところで、一度でも攻撃を食らうとバッドエンドが確定している」
 という場面。

 ただ、今まで遊んできたバイオシリーズは何かしらの形でクリアしているので、これで挫折は悔しいです。
 もう少し時間を空けたら、また挑戦しようと思います。

スポンサーサイト



[ 2019/01/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1812-0e870e4f