FC2ブログ









旧正月万歳シリーズ Part.3 Nippon Marathon

2019022701.jpg
Nippon Marathon

 2月上旬に実施されたSTEAMの旧正月セールで買ったゲームを紹介。
 3日目の今日は『Nippon Marathon』です。

 本作を一言で言えば「日本を舞台にした雑なレースゲーム」となります。

 イケメンボイスの犬や、虫姿のダーウィンさん、この絵だと可愛いのに3Dになると残念なニシボリちゃん、絶対にモデルがいるだろうなあ(東京で見かけたことがあるので)なセーラー服おじさんのゼンベイちゃんの4人と一部追加キャラが4人同時で日本各地でマラソンをするというもの。
 
 上から見下ろすマラソンで、速度は全員同じ。
 相手に勝つためには障害物を上手に避けたりショートカットを活用するのが勝利への近道となります。

2019022702.jpg

 ステージは山道から川、スーパー、新幹線や駅など様々で、どこも雑な日本でいっぱいです。
『これまでに生まれた最高』
 なんて看板、日本のハンバーガーショップに掲示してないでしょう。

 製作者は日本通のイギリス人クリエイターさんだそうで。
「元々日本には詳しいけど、わざと雑に作ってみた」
 という感じに仕上がっています。
 
2019022703.jpg

 新幹線ステージは、新幹線から降りると駅構内へ。
 ちゃんと自動改札があり、通過する際には実際の写真が紹介されます。
 でもプログラミングの計算が基本雑なので、変な所で止まったりコケたり吹き飛んだりします。

 ああそういえば柴犬においかけられるという障害もありますね。
 そういうところも実写の写真が用意されていたり、変にちゃんとしてるんですよね。

2019022704.jpg

 スタートの号令も毎回直訳。

「勇敢な...」
「走る...」
「行く..」

 あれかな、『GO!』とかを直訳した感じなのかな? 

2019022705.jpg

 レース中には唐突にミニゲームが始まることがあります。

 こちらはその一つ、途中に出てくるウェディーさん。 
 ランダムで出てくる文章を4人で奪い合い、文章として成り立つものを作るというミニゲームです。
 その他に迷路などがあり、一番早く抜けるとポイントがもらえます。

2019022706.jpg

 レースは順位だけではなく、ミニゲームや障害物から受けた被害も加算されるので、スピードにこだわっていては勝てません。
 柴犬に追っかけられたポイントや臭いものにぶつかった事で得られる臭いポイント、フルーツを食べ続けたことで得られるポイントなど、加算基準が不明なため、レースの結果が最後までわからずに楽しむ事ができます。

 マリオカート等とは正反対の、笑いながらプレイする雑なレースゲーム『Nippon Marathon』
 STEAMでの定価は1520円。
 旧正月のセールでは980位で購入しました。

スポンサーサイト



[ 2019/02/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1842-5d5e3058