FC2ブログ










旧正月万歳シリーズ Part.5 AHE GAL

 今週は2月の旧正月セールで購入したゲームを紹介中。
 5本目はちょっと大人のゲームを紹介します。
 読むのに問題ない方だけ、『続きを読む』でお楽しみください。

 かつての魔王に戻り、話を続けます。


 ざざーん

      ざざーん
                              ざざーん

  ざざーん

 やあ、海からやってきた魔王です。
 魔王おじさんって読んでね。

 それでは、魔王おじさんが海へ帰る前にワーオッ!なゲームの話をしてあげよう。
 今日は『AHEGAL(アヘガール)』という作品だよ。

 話をする前に、おじさんの脱衣ゲームにおけるワーオッ!について話をするよ。
 おじさんが子供の頃、ゲームセンターには脱衣麻雀がいくつかあったんだ。
 だけどゲームセンターが健全化の流れになっていくうちに減ってしまい、おじさんが18歳になる頃には絶滅していたんだ。
 スーチーパイですらコンシューマでしか遊んだことはなかったんだよ。
 だからSTEAMなんかでそんな感じのゲームが出ると、買ってしまうんだ。
 
 大切なのは、この脱衣系ゲームのご褒美画像は『丁度良い』じゃないといけないんだ。
 日本の美少女ゲームのように、綺麗な1枚絵はいらない。
 テキトーな背景でちょうど良い感じじゃないと、ワーオッ!じゃなくなってしまうからね。

 それをふまえて、AHEGALを紹介するよ。

2019030101.jpg

 こちらはAHEGALにタイトル。
 これが私の求める、ちょうど良い感じのイラストだよ。
 開発元は『Oppai Reveal Studios』という団体だから、もはや隠そうともしていないね。

 絵柄は海外系アーティストの感じがするけど、どうなのだろう?

2019030102.jpg

 女の子は基本、日本系の名前。
 1990年代の脱衣系ゲームと比べるとやや可愛すぎるかもしれない。

2019030103.jpg

 ゲームの内容は弾幕避け。
 画面右上にある青い丸をマウスで操作し、敵が放ってくる弾をひたすら避けます。
 そのうちに徐々に洋服が脱げていき、最後に女の子が裸になるというシステムです。
 難易度としては、東方シリーズで3面位まで行ける方ならラクショーですね。

 それから、タイトルにも使われている『アヘ顔』についての説明もしておきましょう。
 アヘ顔とは、快楽や欲望に負けて自制の利かない表情を指します。

 全年齢向けのサイトとして例えるのであれば・・・・・・・。

 ダイエットで甘いものを我慢している奥さんに、近くに住んでいるチャラ男がアーモンドチョコあたりから誘惑。
 徐々に大胆に甘いものを食べさせていき、最終的には旦那さんの前で自我を失った奥さんがホールケーキを食べている感じ。
 ・・・・・・という、ゲスの極みがジャンケンピョンな感じの流れとなります。
 
 我慢できなくなるシチュエーションが絡むので、「アヘ顔をする人」と「アヘ顔にさせる人」がいなければいけないのです。
 この作品の問題点はこの「アヘ顔にさせる人」が不在である事。

 アヘ顔にさせる人がいない中で一人アヘ顔をするとですね・・・・・・、






2019030104.jpg

 ・・・・・・どうしても何かをキメて勝手にラリっている感じになってしまうのですね。

 せっかく可愛いイラストなのに、みんな最終的にこんな顔になるので笑っちゃうんです。
 無理にアヘ顔にさせなくても良かったのじゃないかなあ?

 ちなみにAHEGALはSTEAMにて、定価100円。
 旧正月セールで60円位でした。
 ゲームセンターで100円のゲームで遊んだと思えば、安いものです。

スポンサーサイト



[ 2019/03/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1844-90841877