FC2ブログ










Undertaleのお話 ~20日前の話でゴメンね~

2019030601.jpg

 アメリカのクリエイターTobyFox氏が中心になって制作されたRPG『Undertale』をクリアしました。
 正式にはPルート(パシフィストルート/平和なルート)で、実はこれが2週目となります。

 ゲームの面白さを損なわない程度のネタバレを心がけますが気になる方もいらっしゃると思うので、問題ない方のみ続きをお楽しみください。


2019030602.jpg

 というわけで、2週目のPルートをクリアしました。
 1周目はどうしても手をかけなきゃいけない敵(後にそうでないことが判明)がいたために不殺は守れませんでした。
 これも後でわかった事でしたが、Pルートは2週目から登場するので、それはそれで良かったらしいです。

 Pルートは誰も殺さないため、すべてのボスと仲良くなれます。
 経験値も上がらないので、ラスボスまでずっとLV1のままです。

 例えばこのクモ少女マフェットも、最初は
「クモ嫌いの人間を殺す」
 というスタイルでやってきたものの、主人公が序盤で他のクモに寄付をしていたことが戦闘中に電報で送られてきた結果、
「人違いでした、ごめんね♪」
 で試合終了。

2019030603.jpg

 1周目のエンディングで人間を滅ぼす決意をしていたラスボスの親衛隊隊長アンダインなんかは、家に入れてハーブティまでごちそうしてくれました。
 彼女は大ざっぱなだけで、非常に良い人でした。

 いわゆるザコ敵ともみんな仲良くなり、

・歌の好きな敵にはハミング
・マッチョな敵にはポージング
・気弱な敵には励ます
・犬(やたら出てくる)は撫でたり遊んであげる


 などのトモダチ作戦を実施。
 これが最後の最後で泣かせる展開となりました。
 ラストは涙と鼻水でティッシュ何枚かを犠牲にしたほど素晴らしい作品でした。

2019030604.jpg
好きなキャラ1位のパピルス

 なお、好きなキャラクターをランキングするのであれば、

1位 パピルス:1人だけ縦書きのセリフだったり、画像みたいに戦闘中に横から入ってきたりとやりたい放題の良いヤツ。本当に良いヤツ。
2位 サンズ:パピルスの兄、敵のはずなのにさいごまで戦闘する事無く、ハンバーガーや食事をおごってくれました。良い兄。
3位 メタトン:TVタレント的なロボット。彼との戦闘は私のRPG史上もっとも珍しいものだったかもしれません。
4位 マフェット:上にあるクモのキャラクター。BGMを含めて可愛らしい。
5位 トリエル:携帯で口説けると聞いてちょっと期待してしていた年上キャラ。


 こんな感じです。
 3位のメタトンはあまりにもインパクトがあったからか、アニメ『ポプテピピック』の7話でパロディネタとして登場していますね。
(矢島晶子さんが「オーイェー!」って、クレヨンしんちゃんの声で言ったパートです)

 ちなみに、今回はPルートの話をしましたが、1周目(Nルート)も見どころはいっぱいあります。
 あのラスボスは、おそらくみなさんでも未体験の世界を楽しめると思いますよ。

スポンサーサイト



[ 2019/03/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1850-636adb54