FC2ブログ










情けは人の為ならず

2019030701.jpg
60seconds!(Robot Gentleman)

 すいません、なんか最近やたらとゲーム紹介記事が続いております。
「せっかくだから最近遊んだゲームをまとめて紹介しちゃおう!」
 という流れとなってます。

 本日は海外のゲーム開発会社Robot Gentlemanが制作した、『60seconds!』を紹介します。

 60secondsとは、英語で60秒の事。
 このゲームはタイトルの通り最初の60秒が運命を左右する、ブラックなコメディ要素満載の作品です。

 本作品の価格はSTEAMで980円。
 セール中だったので、490円で購入しております。

2019030702.jpg="576" height="324" />

 まず難易度設定からイカれておりまして、

・簡単:リトルボーイ
・普通:ファットマン
・難しい:ツァーリ・ボンバ


 リトルボーイは広島に落とされた原爆、ファットマンは長崎に落とされた原爆、ツァーリ・ボンバはソ連(現ロシア)が開発した世界一大きな水爆です。
 日本人としてはなんともな設定ですが、そもそもこのゲーム自体がアレなので、本当になんともかんともです。

2019030703.jpg

 それではストーリーとゲームの内容を説明しましょう。
 主人公は奥さんと二人の子供(娘と息子)を持つパパ。
 平和な日常を送っていた家族でしたが、突如核戦争が勃発。
 楽しい我が家の近くに核ミサイルが落ちる事態となりました。

 核爆発が起こるまでの時間は60秒。
 それまでに用意していたシェルターに家族や食料、水などを入れなくてはなりません。
 あなたはこの60秒で適切な判断を行い、核戦争後の世界を生き延びることができるでしょうか?

 ゲームの流れとしては、
・最初に60秒カウントが行われプレイヤーは時間内に家族や物資をシェルターに入れ、自分も避難する
・その後は毎日家族へ食料や水を配給しながら助かるまで生活する

 の2パートに分かれています。

 家にどこに何があるかは毎回ランダムなので、毎回必要な物資を探して回収しシェルターに放っていきます。
 プレイヤーが一度に持てるアイテムは4スペースまでで、スペースがいっぱいになるとシェルターに持っていく必要があります。
 水や食料は小さいので1スペースを消費するだけですが、銃や家族はスペースが大きいため沢山持てません。
 その家族もママや息子は2スペース、パパに似たぽっちゃり体型の娘は3スペース消費します。
 60秒の間には4~5回くらいしかシェルターに戻れないので、回収するものを計算しておくと良いでしょう。

2019030704.jpg

 60秒以内にプレイヤーがシェルターに避難できれば、サバイバルモードに移行します。
 キャラクターは左から息子、娘、パパ、奥さんです。 

2019030705.jpg

 このモードは毎日水と食料を分配し、イベントをこなしていきます。

 イベントは毎回ランダム。
 例えばドアをノックするイベントでも、実際にシェルターのドアを開けないと結果がわかりません。
 食料が置かれている事もあれば強盗だった場合もあるので、これといった攻略法がありません。

2019030706.jpg

 不運にも食料が尽きると、家族が発狂してシェルターから逃げ出したり、餓死します。
 パパと奥さんの両方がそんな状態になるとゲームオーバーです。
 ○日まで生き延びればOK、というのがないのが良くもあり悪くもあり。

 簡単な難易度をプレイしたお話もありますので、ネタバレでも構わない方は続きをお楽しみください。


2019030707.jpg

 ・・・・・・というわけで、色々あって簡単な難易度でクリアする事ができました。

 まず何度がゲームオーバーになった経験から水や食料を節約させるために、最初の60秒で役に立たない息子を見殺しにしました。
 次に娘を主に探索要員にし、食料探しに向かわせることにしました。
 ふくよかな体型からか娘は探索も戦闘もかなりできる子で随分と活躍していたものの、最後の最後で探索から帰ってきませんでした。

 サバイバル生活をしているシェルターに、ある日男性がやってきました。
「双子の妹がさらわれたので一緒に助けてほしい」
 こんな荒廃した世の中に妹思いの兄がいるのかと思い、娘を派遣。
 無事に妹さんを救ってあげることができました。

 二人が次にやってきたのが、数日後。
「新しい場所を見つけて暮らしているのだけど、子供に娯楽を用意してあげたい」
 というので、シェルターで使い道のないボードゲームを譲ってあげました。 
 
 さらに数日後、シェルターの扉をノックする音がしました。
 勇気を出して開けてみると、やってきたのは先日の双子。

「新しいコミュニティに、貴方たちも来ませんか?」

 後に調べたら、グッドエンディングのひとつの『双子エンド』というものでした。
 情けは人の為ならずとは言いますが、人助けをして良かったなあ。

 あと、息子よゴメン。

スポンサーサイト



[ 2019/03/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1852-74255ea7