FC2ブログ









ガンダムのプロレス

 およそ25年前に放送された『機動武闘伝Gガンダム』というアニメを視聴(完走)しました。
 戦争をしない代わりに4年毎にガンダムファイトを開催し、勝利者となったファイターの国が4年間世界(宇宙)のトップになれるという世界で、ネオジャパン代表のドモン・カッシュが罪人である父親を救う為に優勝を目指すというお話です。

『スーパーロボット大戦(スパロボ)』や『SDガンダムGジェネレーション(Gジェネ)』で何度も目にしているものの、そういえば本編は見たことが無かったなーと思い、DVDをゴッソリ借りて一気に観ました。

 いや、油断してました。
 思った以上に名作でした。

 愛や努力や勝利や友情といった少年ジャンプ風の要素をガンダムに詰め込んだらこんな感じになるのでしょう。
 素晴らしい作品だったので、興味のある方はぜひ見てください。
(詳しく書きたいのですけど、ネタバレになるのも困りますので)

 で、実際に全部観て気が付いたことがあります。
 スパロボやGジェネのドモンは、

・リアルタイムでGガンダムのストーリーが進んでいる場合には、自身の敵を探すために周りが見えていないキツい性格。
・Gガンダムのストーリーが終わっている場合には、かなり色々とわかっている大人の性格。


 と、概ね2パターンの性格のうちのどちらかです。
 ところが実際の原作のドモンは、多少未熟な部分はあっても友人思いの非常にできた人物なんですね。
 そりゃあ彼の周辺には良い仲間が集まるよね、というレベルで。

 やっぱりクロスオーバーの作品だけではなく、本編も観るべきですよね。

 ちなみに私はボルトガンダムが好きです。

スポンサーサイト



[ 2019/05/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1917-c6158d8e