FC2ブログ









二度目の誘惑

2019092601.jpg
帰ってきたヒトラー

 何年か前、映画ファンの間で話題となった『帰ってきたヒトラー』を鑑賞しました。
 どういう理由か、アドルフ・ヒトラーが21世紀のドイツにタイムスリップしてしまう作品です。

 歴史人物としての彼の話は、ここでは割愛します。

 独特なヒゲを生やしたヒトラーはドイツにあってもインパクトがあり、街中を歩けば多くの人に注目されます。
 それに注目したTV局が、『自分をヒトラーと名乗るタレント』として彼を起用しました。

 ところが彼は本物のヒトラーですから、演説をさせればあっという間に民衆の心をつかみます。
 また政治家としても優秀ですので、世間を少し国内を回っただけで現在ドイツが抱える問題を把握してしまいます。

 良く出来ているコメディ番組ですが、途中から観ている私から笑顔が消えていくのがわかりました。

 番組はドキュメンタリ調に作られているシーンがあるのですが、この部分はかなり本物のドイツが抱える問題をきちんと捉えてましたのです。
 移民や雇用の問題など、先日たまたま読んだドイツに関する本に同じような事が書かれており、これなら作中のヒトラーはかなり正確に国民の支持を得られただろうと思います。

 なので現代にヒトラーが復活してこれらの問題を取り扱ったら、国民があのヒゲのお顔によほどアレルギーでもない限り、もう一度ナチスの時代がやってくるのではないでしょうか。
 ラストのオチを含めて、コメディの世界でありながら最後にちょっとだけゾッとする映画だったように思います。

 ちなみに日本の場合ですが。
 我が国の場合はみんなで決めてみんなで戦争をしてみんなで懺悔したので、誰が帰ってきても関係はなさそうです。
 例えば東条英機とヒトラーは全然違いますからね。

 そのかわり空気で物事が決まるので、誰も帰ってこなくても過ちは繰り返されると思いますけれども。
 
スポンサーサイト



[ 2019/09/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

私もこの作品観た~!

私もこの作品観たことあるので記事に取り上げてもらえてうれしい。
最初はヒトラーの頓珍漢な感じが可愛らしいコメディなのに、最後はブラックでゾッとするよね。

ハッピーエンドのコメディが好きな私としてはモヤモヤするものがあったけど、いろいろ考えさせられたから観てよかった映画だったなとは思う。
[ 2019/09/26 11:54 ] [ 編集 ]

海外テイスト

>フェレ姉さん
久しぶり、コメントありがとう。
こういうブラックなテイスト、なかなか日本の映画には存在しないのでとても興味深かった。
自分もコメディ映画の最後は後味が良い方が好きだけど。
[ 2019/09/26 23:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/2059-604c168d