FC2ブログ









乗り場間違え

 本当に上手くいっている場合、ことさら強調するPRはしないものです。

「女性目線で政治を行ってほしい」
 という男性社員ばかりの会社がそのように女性社員を前面に出す場合、女性社員が絶対的に少ないケースがほとんどです。

「景気は良くなっている」
 という役人の発言も、概ね社会の上澄みの中の上澄みの良い所をすくって前面に出しているケースがほとんどでしょう。

 ところで「アスリートファースト」という言葉は、いつ実行に移されたのでしょう?
 
 IOCはスポンサーのアメリカの放送局の要望で、オリンピックの開催期間をアメリカ国内のスポーツイベントの少ない夏に固定しました。
 この時点ではスポンサーファーストで、アスリートファーストの要素はありません。
 
 日本側の石原元東京都知事は、国威形容を掲げてオリンピックの開催国に立候補しました。
 この時はまだ東日本大震災は起こってないので、復興五輪は後付けです。
 候補地に選ばれるために、年々気温が上がる真夏の東京で開催する事を受け入れているので、この時点でもジャパンもしくはトウキョウファーストで、アスリートファーストの要素はありません。

 私には今度の東京オリンピックがどう見ても、
「アメリカの放送局と日本の国威形容の為にアスリートを暑い中で競わせて、下手をすれば選手生命を奪う行為」
 としか思えません。

 特に近年はスポンサー以外は五輪という言葉が使えないようになったり、応援セールですら行えなくなって、現地の人たちの利益というのがほとんど無くなってきました。前回の東京オリンピックのような五輪ソングが出てこないのは、権利問題がうるさくなったのでしょう。

 そうなると今回マラソンと競歩が札幌で開催される事になったのは、アスリートファーストが初めて実行されたと言っても過言ではありません。

 残念ながら最初のスタート地点が違うので、多少修正が行われたくらいでは大きな間違いを直すことはできませんがね。
 東京から大阪へ新幹線で行く予定だったのに乗り場を間違えて函館新幹線に乗ってしまっては、その後の修正で秋田や山形に行けても大阪へはいけないのと同じで。

 個人的には、実は今回一番気の毒なのは小池都知事ではないかなと思います。
 ずっと前の都知事が決めた事で、自身が都知事に就任した頃には概ね内容が決まっているわけですし、前とその前の都知事は金にまつわるトラブルで早々に止めてしまい、責任丸投げですし。

 しかも交渉のテーブルを蹴っ飛ばせば怒る人がいるし、IOCの要望に賛同しても怒る人がいるし、都知事にとって損でしかない話ですよね。

スポンサーサイト



[ 2019/11/03 20:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/2108-6c64ab54