FC2ブログ









モテ逃げっぷり×2

 NHKラジオの深夜で、たまに小説を朗読する番組があります。

 その日はたまたま眠れずに作業の合間に聴いていました。

 主人公は20代の女性。
 小学校の同窓会を憂鬱な気分で参加しています。

 彼女は小学生時代にクラスで出演した「30人31脚」でミスをして、それからずっと心にモヤモヤがありました。
 
 割と新人の女性教師がノリノリ(やりがいとか好きそうな感)で番組への参加を生徒に申し出た事ではじまった企画への参加。
 主人公の女性は残念ながら本番中に失敗し、当時隣で走っていた男の子に色々と思う所がありました。
 大人になった男の子も実は少し心に引っ掛かるところがあったらしく、二人の再会で無事にお互いのモヤモヤを解消します。

 ここから読者を裏切る二段構えの攻撃が始まります。

 まずこの企画を子供たちに持ち込んだ諸悪の根源(?)である女性教師は、早々に(確か番組のスタッフと)結婚し寿退社。
 この同窓会には来ていません。

 次にこの主人公の女性ですが、

「あーこれでモヤモヤが晴れた。 アメリカに牧場主をする事になる彼氏の所へ引っ越そう!」

 ……えッ?

 今までの文章では全く出てこなかった彼氏の話が最後の最後で急に登場。
「アメリカ人の彼氏が牧場主になる事になり今後どうしようか迷っていたのだけど、私も行く事にしました。」 
 なんて事を同窓会の元クラスメイト達(&読者)に急にぶちまけ、みんなにビックリされて終わります。

 自分はグズグズしている性格みたいな話をいままで続けていたのに、公私ともに恵まれた環境なのですのね。
 というか、多分小学校時代のモヤモヤより、そちらの悩みの方が大きいのでは? 

 なんでしょうね、この裏切られた感。

 一杯のかけそばを分けて食べる親子をテーマにした映画のラストが六本木ヒルズの自宅に帰る場面だったら、こんな複雑な気分になりそうです。

スポンサーサイト



[ 2019/12/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

最後の親子の例えに笑いました(笑)
そんな結末だったら相当裏切られ感がありますね
[ 2019/12/04 09:14 ] [ 編集 ]

>せんさん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
これを後で調べたら、森絵都さんの「むすびめ」という短編でした。
聴いていてズッコケそうになりました。

ただ作品そのものはすばらしいものなので、興味がおありでしたら著作を読まれてみるのもアリだと思います。
アニメ「DIVE!!」の原作者さんでもあるそうですね。
[ 2019/12/04 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/2132-60b7601c