FC2ブログ









ゆずれない容量

 スーパーでも買えるタイプのプリンが3個入なのは、親子で食べるケースが多かったからだそうです。
 お母さんがお子様二人とおやつに食べるというのが、3個入プリンが発売された1970年代によくある食べ方だったとか。

 反対にヨーグルトは健康志向でパパも朝から食べ、そうでない場合でも1人でも2人でも消費しやすい4個単位で販売されているという話を聞いたことがあります。


 それをふまえるとですね。
 うどん500gってどういうつもりなんだと思います?

 私は麺類が好きなので常に乾麺を買い置きしています。
 基本的に1人で食べるものなのでそれほど質は問わず、安くて量があれば何よりなので、1袋で複数回食べられるお得サイズが良いのですが。

 近所のスーパーでは丁度良いのがありません。

 一番安いのが1人前100円。
 次に安いのが5人前180円。

 5人前(500g)って!
 
 どうやって分割すればいいのよ。
 成人男性に1人前(100g)では足りません。
 そうなると1回の調理で2人前(200g)を茹でるわけですが、これだと当然最後に1人前だけ残る羽目になります。
 かといって同じスーパーで売ってる4人前の割り切れる量のうどんや蕎麦だと、ちょっとお高めです。

 なぜ5人前という中途半端で割り切れない容量で売っちゃうのでしょうか。
 6人前とかならまだ3回楽しめますし、お子様のいる4人家族で丁度良さそうじゃないですか。



「割り切れない願い」とかいう歌が出ませんかね。
 田村直美さんに歌ってもらって。

スポンサーサイト



[ 2020/03/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/2212-308a6baf