FC2ブログ









バイオハザード RE:2 Part.2 よしわろし

「バイオハザード RE:2」をクリアしました。
 一通り遊んでみて、良い所を悪い所を書いてみようと思います。
 ネタバレがかなりあるので、ネタバレを回避されたい方は本日の日記を気持ちスキップしてください。

 大丈夫な方は続きからお楽しみください。

 今回は少し辛めかしらん?




2020033301x.jpg
雨に濡れるとキャラクターが嫌がったり乾燥室に入ると服が乾いたり

【良かったところ】
・画像がリアル
・視点の変化
・セーブし放題
・一部のキャラの出番が増えた
・豆腐サバイバー


・画像がリアル
 やはりリメイク版という事で全体的に画像が綺麗になってます。
 PS1時代にはできなかった、夜の雨みたいな表現はとても綺麗です。

・視点の変化
 プレイヤーをリモコンのように動かすオリジナル版と違い、リメイク版は背後から覗く形に。
 ゾンビが迫ってくる怖さはこちらの方が上で、完全なFPSとはまた違った良さです。

・セーブし放題
 オリジナル版ではセーブする為にはインクリボンが必要で、使用制限がありました。
 つまりセーブできる回数は限られていたのです。
(そういえば、うちのサイトでもインクリボンが沢山入った改造データを配っていましたっけ。)

 それが今回はハードコア以外はセーブし放題。
 ビビりなので沢山保存して進みました。

・一部のキャラの出番が増えた
 一部のサブキャラに出番が増えたのも高ポイント。
 レオンの先輩であったマービンさんは巡査から警部補に出世し、かなり主人公を手伝ってくれました。

・豆腐サバイバー
 オマケモードの豆腐サバイバーが充実した点も良かった所に入れて良いでしょう。
 PSのオリジナル版では元々動作チェック用に使われた豆腐のようなキャラに、スタッフの関西弁を吹き込んで作られたオマケモードで、当時の声を担当されたスタッフはすでに退社していたのに、声を入れるためにわざわざ収録に来てくれたそうです。
 豆腐バージョンは他にプリンなどがあり、こちらはなんと女性の声。
 でも関西弁なのね。

2020033302x.jpg
スタート地点の警察署から研究所の途中まで敵はゾンビとリッカー(写真のキャラ)ばかり

【悪かったところ】
・暗い
・敵が減った
・レオンかわいそう
・後半の単調さ
・親として大丈夫か?
・タイラントwww
・Tウイルスどこ行った
・ザッピングシステムは幻だったのじゃよ
・無駄が無さすぎ
・追求しすぎたリアル
・オマケモードいる?
 

 悪かった点、というより不満な点はかなりありました。
 多くがリアルを追及して失敗したのでは?という要素です。

・暗い
 基本的にどこも暗くて移動が不便でした。
 モニターの調整はできるものの、何度も同じ道を通るので途中から電気が付けられるとかあったら便利でした。
 オリジナルはそれほど暗くなかったので。

・敵がやたらと強い&敵の種類が減った
 オリジナル版にはいたカラスがいなくなりました。
 ワニもイベントでの対決なので敵としてカウントするのは難しいです。
 犬はレオン編でしか出てきません。
 あとなんか白い敵が出てきますが、オマケモードのみです。

 仮にクレアでプレイした場合、ボスを除けば敵はゾンビとリッカーばかり。
 終盤はそれにイビー(植物の敵)の3種類だけが延々と出てくるだけで、正直飽きます。

 またゾンビが強化され、オリジナル版と比べると弾丸を2倍も3倍も使います。
 グロテスクバージョンじゃないからか頭を撃っても特に変化せず、死んだかどうかを確認するのも面倒です。

・レオンかわいそう
 ショットガンが弱くなりました。
 この下の項目で書きますが、リアル志向に行き過ぎたせいでゾンビの頭に当てにくく、うまく当てても生きてることもしばしば。
 マグナムもパワーアップしないと頼りなく、両方ともオリジナル版での頼もしさは無くなりました。

 ちなみにクレアはグレネードランチャーがさらに強力になり、戦い方の幅が広がってます。
 またスパークショットも強力で、オリジナルより頼もしいです。

・後半の単調さ
 最初の警察署は色々な仕掛けがあって冒険のし甲斐があったのに、地下に入るとほぼ一本道。
 最後の研究所は道なりに進んでいけばクリアできるという流れ。

 警察署にあれだけあった金庫や鍵付きのロッカーが「ひとつも!」なく、いきなりロッカーが開け放題になります。
 
・親として大丈夫か?
 クレアが道中で助けるシェリー。
 彼の母親であるアネットは今回の騒動の原因となったGウイルスの開発者なのですが、

「少しは娘の心配をしてやれよ!」
 と言いたくなるほど、人(クレア)の話を聞きません。
 自分の娘を探している旨の話をしても「そんな暇はない」だとか「あの子なら安全よ」など頓珍漢な返答。
 ゴミ集積所で倒れている娘を見て娘とマイク越しに会話しているのに「忙しいから」と会話を打ち切ってしまいます。

 いや、それで最後に「シェリー愛してる」って言われてもなあ。
 まだウイルスに感染していたお父さんの方が娘思いだったぞ。
(父親のウイリアムは怪物になりながらも娘を助けていたので)

 オリジナル版のアネットはもっと人間味があったような。

・タイラントwww
 PS版では裏シナリオ(1人目のキャラでクリアし2人目のキャラでプレイする)で登場していたのが、今回は表シナリオから登場。
 これが不死身で面倒くさい事この上ないです。

 PS版でもリメイク版でも不死身設定なのは同じ。
 PS版は一度膝をつかせると、次の出現ポイントまでは出てこない。
 リメイク版は一度膝をつかせても一定時間で回復し、また追いかけてくる。

 何度倒しても起き上がってやってくるのはアクションゲームで言うお邪魔キャラ程度の扱いで、面倒くさいだけです。

 探索 → タイラント近づいてくる → 逃げる → タイラントの足音が遠のく → また探索を始める

 この流れ、怖さの演出がないので無駄で作業でしかないんですよ。
 隠れられるシステムとかもありませんし。

・Tウイルスはどこ行った
 PSのオリジナル版ではシェリーの母アネットが、
「私たちのGウイルスは、ゾンビの出来損ないを生むTウイルスとは違うのよ!」
 なんて言っていましたが、リメイク版ではTウイルスが存在しない世界でした。
 
 そうなると、ラクーンシティがゾンビだらけになったのはGウイルスのせいなの?
 シェリーの両親の罪が益々重くなりました。

・ザッピングシステムは幻だったのじゃよ
 オリジナル版に存在したザッピングシステム。
 わかりやすく言えばクレアとレオンの片方のプレイが片方に影響を及ぼすシステムで、片方でプレイするためにアイテムを残しておいたり、二つの指紋認証が必要な所で片方だけ登録しておき、次のキャラで二つ目の指紋認証をして武器庫入ったりと、少ないながらもお互いに影響を与える楽しみ方が話題となりました。

 が、リメイク版では不採用。
 そうなると「クレア表」とか「レオン裏」といった区別はいらなくなるような……。

・無駄が無さすぎ
 警察署内にメダルの仕掛けや鍵付きロッカーや金庫を置いている以上、なんとか開け方をプレイヤーに示したいのはわかります。
 が、手に入れられるフィルムがほとんどその答えばかりって何なの?という思いです。

 せっかくフィルムを見つけて暗室で現像しても、ロッカーの番号とか仕掛けの解き方とか、ほとんどが謎解きの答えみたいなのばかりで面白くないんですよ。ゾンビ化した市民とか、戦う警官とか、物語を膨らませる要素は加えられなかったのでしょうか?

・追求しすぎたリアル
 この作品を残念な形にしている要素のうち、半分がコレです。
 まずプレイヤーの速度が遅くなりました。
 警察官でその速度は大丈夫なのか?という速度で走るので、敵から逃げるのも少し大変です。

 また銃には照準がしっかりするまでの時間が決まっており、しっかり撃つまでは構えてからしばらく立っていないといけません。
 このテンポが悪くて、非常に面倒くさいです。
 リアル志向のFPSでもこんなに時間のかかるゲームはそうそうないですよ。
 目の前のゾンビ相手にそんなにのんきに対応できませんからね。

 そういう所はファンタジー要素を入れても良いんじゃないですかね。

・オマケモードいる?
「あのキャラが生きていたら?」
 みたいなifシナリオの存在は非常に嬉しいんですが。

 一部を除いては、
「あなたはこの武器を持っています。この武器と途中で手に入るアイテムを駆使して、指定地点まで行きましょう!」
 なので、飽きるんです。
 
 特殊部隊の生き残りからか弱い女性まで、みんな銃をもって進まないといけません。
 どのシナリオで遊んでも倒すのは大抵ゾンビかリッカーかイビーがメインなので、本編と大して変わりません。
 プレイヤーが進んでいくエリアも本編の使いまわしですからねえ。

 

 なんか書いていて申し訳ないほどの辛口批評になってしまいました。
 私自身は1998年のオリジナル版をリアルタイムで相当やり込んだコアなファンですから、愛ゆえに、という事でご容赦ください。

 それでもまあ、ゲームとしての及第点は越えているので、遊んでいて損はしないとは思います。
 ただバイオハザードのシリーズであるためには、求められる面白さが一般のゲームより高めなかと。

スポンサーサイト



[ 2020/03/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/2225-baa6421c