FC2ブログ









ロイヤルランブル2014

 DMMの半額セールでレンタルをしたWWEのDVD『ロイヤルランブル2014』を視聴しました。

 ロイヤルランブル戦のルールは最初2人で戦い、90秒ごとに28人のレスラーが乱入。
 ロープの上を越えてリングから落ちた選手は負けと言うルールで、合計30人の参加者で最後まで残った選手が勝ちとなります。
 普段は2人で戦うリングで、鍛えられたスーパースター達が入り乱れて繰り広げられる落とせ落とせ争いが見物のイベントです。
 30人いるので、懐かしいレスラーあり、新顔あり、ネタ(元レスラーの解説者がいきなり乱入)ありと、楽しませてもらいました。

 それにしても最近御無沙汰だったWWEを久しぶりに見ると、時代の流れを感じますね。
 ミル・マスカラスの甥アルベルト・デル・リオ(先月解雇されちゃったみたいです)やサモアのスモウレスラーことリキシの息子ジェイ・ウーソ、現在トップスクラスのスーパースターであるランディ・オートンは三代揃ってレスラーですし。
 この業界も二世三世のスーパースターが増えてきたようです。
 こういうレスラーは子供の頃から遊びでプロレスをやっているケースが多いらしく、ヘビー級の体格なのにミドル級の空中技や関節技を決めるので、観ていて楽しいんですよね。 
スポンサーサイト



[ 2014/09/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/313-1692b0bc