FC2ブログ









不要不急の質問

 東京オリンピックが始まり、メダルを獲得する日本代表も出てきました。

 今朝のテレビを見ていたら、昨日のスケートボードで金メダルを取った西矢楓さんと銅メダルを取った中山楓奈さんが出演。
 世界で1位になった方と3位になった方を早朝7時台に出演を依頼し何を聞くかと思ったら、アニメのあらいぐまラスカルの話。

「あれはアニメのあらいぐまラスカルのお話なのですか?」
「お二人がお互い負けないと思っている所は何処ですか?」

 あーあー、そんなの早朝からインタビューに協力して下さったお二人に聞く事じゃないぞ!

 なんといっても本番翌日の朝の7時。
 インタビューを受ける選手は放送センターへ6時台にはつかないといけないでしょう。
 逆算すると、準備を含めると5時台には起きないといけないかもしれません。

 早朝から出張ってもらって聞く話があらいぐまラスカルじゃないでしょう。
 そんな不要不急の質問なんて、リモートで選手村からちゃっちゃとやってもらって負担を減らしてあげようよ。
 13歳と16歳の選手なんですよ。
 私が中高生で朝っぱらから呼ばれてしょうもない質問されたら、よほどギャラが良くないと不貞腐れますよ。

 西矢選手も中山選手も、そんな質問にちゃんと答えられているのは本当に立派でした。
 テレビ局側はもうちょっと良い質問考えておけばいいのになあ。

[ 2021/07/27 20:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

なぜ遠回りをする!?

 今季のアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」を視聴中。
 雛見沢村という寒村で起こる事件をテーマにした、なんかもう色々と派生作品が出て今では説明不可能な世界が舞台の物語です。

 これをしばらく観ているうちに、あれ?と思うことが。

 今回の主人公は北条沙都子という少女です。
 仲の良い古手梨花という少女に勧められ村を出てお嬢様進学校へ入学したものの、勉強嫌いの為に挫折。
 あれだけ仲の良かった梨花はあっさりと同級生の女の子達と仲良くなり、見捨てられた形の沙都子は復讐を企てます。

 偶然タイムリープ、つまりある決まった月日に戻れる力を得た沙都子は、あれこれと手を尽くして梨花が村から出る(≒お嬢様学校への進学)を諦めさせようとします。その為に何度も昭和58年の6月10日に戻り、今まで体験した「戻るまでに得た経験」を駆使してゲーム大会で圧勝したリ、日常の展開を読んだり、はたまた他の友達を不幸に巻き込んだりするわけですが。

 ……なぜ、その努力を勉強に向けないのだろう?

 これ、前のシーズンでもそう思った気がします。
 神経衰弱のゲーム大会でトランプの柄をすべて記憶するとか。
 金庫の開け方を記憶するとか。
 どの時間帯にどこへ行けば誰に会えるかとか。

 作中で彼女の年齢が公開されてないので中学生か高校生かイマイチわかりませんが。
 梨花と仲良くしたいなら学校の定期試験の内容を覚えて点数を取り続けたほうが楽じゃないのかなあ?
 逆に梨花に勉強を教えてあげるルートだって選べるでしょうに。

 タイムリープをする為には死ぬ必要がある為、元の時間に戻っている回数分トラックに突っ込んだり巨大な照明の落下地点にいたり、いわば自死を繰り返しているはず。
 その勇気と努力を勉強に向ければ、学校の試験で1位を取る事なんてそうそう難しくないはずなのになあ。

[ 2021/07/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コロナがあってもなくても同じ事かいていたような日記

 今の時期、適当にチャンネルを回しているとオリンピック特集や中継が流れてきますが。
 ……オリンピック会場、暑そう。

 コロナ禍があってもなくても熱中症で体調を崩される選手やボランティアが出てこないか心配です。
 マラソンとか大丈夫なのかな?
 北海道だって30度超えますぜ。

 ともあれ、みなさまご安全に。

 なお私は冷房がエラー表示となり、朝から(気温31度)メンテナンスで汗だくだくでした。
 よくよく考えれば当たり前なのですが、フィルター自動掃除機能があってもその汚れを受け取るダストボックスを定期的に掃除しないといけないのでした。
  無事にお手入れが終わり動いた後の冷房のありがたさといったら。 

[ 2021/07/25 11:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちまき食べ食べイカロスは

 京都好きの親戚からお土産を貰いました。
 もらったお土産を見る限りどうも祇園祭の保存会か何かに入っているらしく、それで私以上に上洛をしているようです。

2021072401x.jpg

 こちらが毎年もらう『粽(ちまき)』というお守りです。

 初めてもらった時の事。
 ちまきを送るからねと言われたので、ああ京都の銘菓か何かなと思いもらったこれの先端をバラしてしまいました。

 だって、ちまきっていったら食べ物じゃないですか?
 しかも餅が入っていてもおかしくない外見でしょう?
 なのに、何も入ってないんですよ!

 調べてみるとこのちまき(鉾巻/矛巻)なるお守り、素戔嗚命(スサノオノミコト)さんが作ったもののようです。
 素戔嗚命さんと言えば天照大神の弟であり首がいっぱいある八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を狩った事でお馴染み、元祖モンスターハンター的な日本神話のヒーローですが、この素戔嗚命さんが旅先で泊めてくれたご家庭にお礼として作ったのが始まりだそうです。

「この家は私がお世話になった蘇民将来さんの子孫の家であるぞ!」
 と書かれているお守りを飾れば災いを防ぐとか。
 
 初めてもらった時にバラしてしまった事で素戔嗚命さんに怒られるかな?
 と思いきや、ネットで調べてみると私と同じように間違えてバラしてしまう方が結構いて、特に祟りが起きた話も無いようなのでいまのところ安心はしております。

[ 2021/07/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

ハンドクラフト系格闘

2021072301x.jpg

 先日、秋葉原HEYさんで格闘ゲーム「大江戸ファイト」を発見。
 スト2ブーム時に誕生した、カネコ製の時代物格闘ゲームです。
 数年ぶりに遊んでみましたが割と操作を覚えており、ワンコインで半分くらいまで進みました。

 侍スピリッツのように歴史系と書かないのは、登場人物がみんな江戸っぽいからではありますが。
 本題はそちらではありません。

 久しぶりに遊んでみたこの大江戸ファイト。
 撮影環境が悪くて恐縮ですが、上の画面の右下にいる人物をご覧ください。
 オレンジ色の忍んでいない装束を身にまとったくのいち、霞(かすみ)。
 
 画像がぼやけてますが、それなりに可愛いですね。

2021072302x.jpg

 各キャラクターの必殺技が書かれている表です。
 こちらの霞、ちょっと別人っぽくありません?
 ドラゴンボールのベジータみたいに、前髪をガッツリ後ろに持って行ってしまって。

2021072303x.jpg

 そして肝心のゲーム本編ですが……アンタは誰!?
 この作品の登場人物はJAC(ジャパンアクションクラブ)という、アクション俳優やスタントマンが多く所属する事務所の方が起用されているようですが、この母性溢れる(?)霞のモデルが誰なのか、多くのファンの努力もむなしく未だに判明しておりません。

2021072304x.jpg

 そんな霞を軽く凌駕する河童の三平と地蔵の一休の存在。
 手作り感あふれる着ぐるみ(というのか?)は、本作の稼働期間(最寄りのゲーセンでもすぐに撤去されました)とは反比例して良い感じの魅力と味わいに溢れています。

2021072305x.jpg

 背景なんかの撮影は日光江戸村で実際に撮影されたものだそうですが、人間サイズの酒瓶などは明らかに合成されており、日本を勘違いした外国の人がオーナーをしている日本をテーマにしたテーマパークみたいです。
 よく江戸村も許可を出したものですね。

 ゲームそのものはそれなりに遊べるのですが、あまりにマニアック過ぎて秋葉原HEY以外で遊べるところを知りません。
 権利会社のカネコはもはや存在していないようですし、創業者も亡くなられており権利関係も不明。
 令和の人にこういうゲームを気軽に遊んでもらえる機会はないものでしょうかね。

[ 2021/07/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)